便秘は女性の悩み

便秘が女性に多い理由とは!?

便秘に悩んでいる人って圧倒的に女性ばかりじゃないですか!?
便秘といえば、女性に多い印象ですよね。
実は、それにはちゃんとした理由があるんですよ!
便秘が女性の多い理由をまとめてみました。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)

女性ホルモンには2種類あり、その1つがプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンです。
黄体ホルモンは、主に妊娠をサポートするホルモンで、排卵後から月経前に多く分泌されます。
妊娠を助ける働きがあるので、特に月経前や妊娠初期の時期に、妊娠をサポートしようと水分を蓄えようとするので、普段よりも多く水分が吸収されることになり、水分不足によって便が硬くなり排便しにくくなります。
また、黄体ホルモンは、子宮の伸縮を調整する働きがあるため、この時期になると、妊娠準備のため子宮の伸縮を抑制しようとするので腸の動きも鈍くなり排便が困難になります。
月経前に体がむくんだり、体重が増えたりするのはこのような理由があるからなんですね。

 

筋力

一般的に女性は男性よりも筋力が弱いことや、骨盤の広さ、出産を経験することなどから内臓下垂を起こしやすくなります。
内臓下垂になると腸が圧迫されて便秘の原因となります。
また、排便する際の筋力が弱いことも便秘の原因となります。

 

ダイエット

女性は食事制限を伴うダイエットをする人も多いので、ダイエットが便秘の原因となる人も多いと思います。
食事の量が少ないと、腸の働きが悪くなりますし、食物繊維や便の材料となる成分が少ないことも便秘の原因となります。

 

排便を我慢する

便意があるのに人目を気にして我慢してしまうのも女性に多いのではないでしょうか。
排便を我慢してしまうと腸の働きが悪くなり便意を感じにくくなってしまいます。

 

妊娠

妊娠中は、黄体ホルモンが多く分泌されて、赤ちゃんを守るために子宮の伸縮を抑制する働きをします。
そうなると、腸の動きも鈍くなるので、妊娠中は便秘になりやすいんです。
また、子宮の中の赤ちゃんが大きくなるにつれて大きくなった子宮が腸を圧迫して腸の動きを鈍くさせることも便秘の原因です。
妊娠中は体が重たくなったり、すぐに眠たくなったりと心身の変化によって普段よりも運動量が落ちることも腸の動きを鈍くして便秘の原因となります。

 

 

このように、女性は女性であるが故に様々な便秘になる要因を抱えているんですね。
だけど「女性だから便秘になりやすいのか。じゃあしょうがないね。」とあきらめないでください!
便秘になりやすい人も生活習慣や食生活の改善次第で便秘を解消することができるので「体質だから」とあきらめないで排便を促す生活習慣に変えていきましょう!