善玉菌を増やす食事

善玉菌を元気にする食事

善玉菌としてよく知られている乳酸菌やビフィズス菌はオリゴ糖やブドウ糖などの糖質を栄養源として増殖します。
善玉菌を増やすのにおすすめなのがオリゴ糖納豆です。
また、あまり聞きなれない「ナリネ菌」という便秘解消に効果的な乳酸菌を紹介します。

 

善玉菌が好む糖質にオリゴ糖があります。
オリゴ糖が便秘にいい事はよく耳にすることも多いですよね。
糖という名前から砂糖を連想して便秘には良くてもダイエットには良くないんじゃないと不安に思う人もいるのではないでしょうか。
糖とついていますが、カロリーは砂糖の半分以下しかないので砂糖の代わりに使用することでダイエットにも良いんですよ。
オリゴ糖とは、果糖やブドウ糖などが複数結合したもので、摂取すると消化されてエネルギー源になるものと、消化されずに大腸まで届くものがあるんです。
その消化されずに大腸まで届いたオリゴ糖が、善玉菌の栄養源となって善玉菌が増殖するんですね。

 


腸内細菌である乳酸菌などは熱や酸に弱いため食事から摂取してもほとんど腸まで届かないんです。
でも、納豆に含まれる納豆菌は耐熱性、耐酸性に優れているので、納豆を食べると胃酸にも負けずに生きたまま腸まで到達するんですよ。
腸に到達した納豆菌は、腸内に常在している善玉菌の働きをサポートするので善玉菌が活性化するです。
また納豆が便秘に良いのは納豆菌だけではありません。
まず、納豆に含まれるリノール酸が悪玉菌の働きを抑制します。
大豆に含まれるリノール酸は摂取しすぎると花粉症対策の妨げになると聞いたことがある人もいると思います。
でも、リノール酸の一日の目安量は1000mg〜2000mgなのに対して納豆に含まれているリノール酸は1パック約30mgなのでよほど過剰に摂取しすぎない限り気にする必要なないでしょう。
納豆には食物繊維が豊富に含まれているため、便になる材料となり排便を促進します。
また、納豆は言わずと知れた大豆製品なので女性ホルモン作用のあるイソフラボンも豊富に含んでいます。
納豆は便秘にも美容にも効果のある美を目指す人には欠かせない食品ですね!

 


ナリネ菌って聞いたことありますか!?
ナリネ菌は、熱や酸に弱い他の乳酸菌とは違って、腸内の悪玉菌よりも強いという特性を持っていて、耐酸性、耐熱性に優れているので、生きたまま腸に届くことができるんです。
また、酵素がなくてもあっても腸内に常在することができる性質もあるので、最も効果のある乳酸菌だと言われています。
ナリネ菌は黒海とカスピ海の間に位置する内陸国アルメニア共和国が起源で、アルメニアや旧ソ連圏では小児用の栄養食、病気の治療薬として広く用いられていました。
ナリネ菌のナリネってかわいい名前ですよね。
実はアルメニアの博士の孫の名前で、薬の効かない腸炎を患っていた孫娘のナリネちゃんにこの乳酸菌を与えたところ見事に腸炎が治ったことからナリネ菌と命名されたそうなんです。